シービーリサーチ 一級建築士事務所

研究開発

研究開発

 愛知工業大学と企業との架け橋になると共に、建築の分野での新しいニーズに応えることを目的として、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造等、多岐に渡り数多くの新技術の開発・研究を行っています。
 鉄筋の引張試験から梁の実物大破壊試験など、必要に応じて必要な試験内容を考案し試験を承っております。

研究成果

木造-鉄骨造の混合構造

 愛知工業大学と共同開発を行っております。
近年、日本国内での木材の需要が高まってきています。
 そこで新たな需要先として、鉄骨の梁で大空間を確保しながら、木材の素材感を生かして柱に使用することにより、鉄骨と木材それぞれの良いところを合わせ持った空間作りを可能とする、エンドプレート方式の柱梁の接合工法の開発を進めています。これにより、従来の木造では不可能だった大スパン建築物を建てることを目標としています。

CB工法 (鉄筋のエンクローズ溶接)

 愛知工業大学と大阪府産業技術総合研究所の共同研究の成果として開発されました。
セラミック製の裏当て材を用いたエンクローズ溶接継手です。
溶接後に裏当て材を簡単に除去することにより、目視による外観検査が可能な品質重視の工法です。
平成25年は年間300万カ所の施工実績があり、鉄筋溶接継ぎ手では市場占有率1位となっています。

技術詳細

CB工法協会

機械式継手・タフネジナット (鉄筋の継手・定着)

 愛知工業大学と共英製鋼株式会社の共同研究の成果として開発されました。
ネジ式の鉄筋を使用することにより、機械的に接合、定着を行う工法です。
通常の異形棒鋼の接合に比べ、技術が不要で品質が安定しています。

技術詳細

共英製鋼株式会社

ジャストベース (鉄骨造柱脚の固定)

 愛知工業大学とコトブキ技研工業株式会社の共同研究の成果として開発されました。
基礎から立ち上がるアンカーボルトとベースプレートの隙間にジャストリングを填め込む事により、柱の位置がずれていた場合にもしっかりと固定することができます。

杭頭スタッド工法 (杭基礎の杭頭接合)

 愛知工業大学とダイヘンスタッド株式会社の共同研究の成果として開発されました。
コンクリート杭柱頭にスタッドを溶接することにより、基礎スラブとコンクリート杭を一体化させます。
品質が安定し、合理的な設計を行うことが出来ます。

技術詳細

ダイヘンスタッド株式会社

ダイヘンスタッドアンカー工法 (鉄鋼鉄筋コンクリート造の柱脚アンカー)

 愛知工業大学とダイヘンスタッド株式会社の共同研究の成果として開発されました。
アンカーの溶接されたプレートを埋没し、プレート上面にスタットボルトを溶接することにより柱を取り付けます。
短時間に溶接することができ、柱の位置決めが容易になります。

技術詳細

ダイヘンスタッド株式会社

サップアンカーボルト工法 (鉄骨鉄筋コンクリート造の鉄骨柱脚アンカー)

 愛知工業大学と岡部株式会社の共同研究の成果として開発されました。
工場製作のロッドとプレートの上面に現場でボルトをサップ溶接にて接合し、そこに柱を据え付ける工法です。
柱の位置決めが容易になり、また太径M36までのボルト系に対応しています。

技術詳細

岡部株式会社

ファブラックス工法 (鉄骨造パネルゾーン工法)

 愛知工業大学と旭化成建材の共同研究の成果として開発されました。
柱と梁の組み合わせを限定して使用するノンダイヤフラム形式の接合工法で、設計を簡単に行うことができます。

試験設備 (愛知工業大学)

 愛知工業大学 7号館 建築学科 材料実験室にある試験設備となります。
これ以外にも、必要に応じて様々な試験機を使用することが可能です。

AIT 愛知工業大学

設備名 島津サーボパルサ EHF-VD200S型 反力床
  島津サーボパルサ EHF-VD200S型 反力床
特徴 変位制御を任意の速度に設定して加力できる装置で、正負両方の加力が出来るため、鉄筋やコンクリート梁の繰返し試験に使用されます。
静的試験±200t 動的試験±130tまで対応可能です。
試験装置を動かないように固定することが可能です。
油圧ジャッキ、フレームを組み合わせることにより、フレームや耐力壁の試験に対応することが可能です。
設備名 アムスラー型 10t万能試験機 アムスラー型 100t万能試験機
  アムスラー型 10t万能試験機 アムスラー型 100t万能試験機
特徴 圧縮、引張、曲げ等の各種試験が可能で、比較的小さな部材試験等に使用されます。 圧縮、引張、曲げ等の各種試験が可能で、主として鉄筋の引張試験に使用されます。
設備名 アムスラー型 200t耐圧試験機
  アムスラー型 200t耐圧試験機 アムスラー型 200t耐圧試験機
特徴 圧縮、曲げ試験が可能で、コンクリートの圧縮試験やH形鋼の曲げ試験に使用されます。
設備名 600t 耐圧試験機 300/100t 長柱試験機
  600t 耐圧試験機 300/100t 長柱試験機
特徴 大型な試験体に対応した圧縮試験機で、柱や梁の実物大の圧縮試験に使用されます。 長さ6000mmまでの柱の座屈試験等に使用される試験機で、圧縮と引張りを交互に加力することで、繰返し試験も行えます。
圧縮300t、引張100tまで対応可能です。

リンク

  • CB工法協会
  • AIT 愛知工業大学
  • 堀内建築研究所
  • シービーリサーチ facebook